売却と賃貸のどちらにするのかを迷ったときは両方の査定を行うとよい!?

本サイトでは、不動産査定の比較について色々なお話をしています。 そして、その査定に関しては、基本的に「売却する形」ということを前提にお話をしている状況です。 しかし、売却という選択肢だけで比較をしてしまうと「大きな損」をしてしまう可能性があるため、本記事、ちょっとしたアドバイスを贈ろうと思った次第。

タイトルを見てもらえば分かる通り、売却だけではなく賃貸という選択肢もあることを念頭に比較をして見てはいかがでしょうか?というお話です。 では、早速、以下よりお話をしていきたいと思うので、興味があればご一読してみてください。

■賃貸とは言葉通り不動産賃貸を行う

賃貸は、文字通り所有している不動産を貸し出して利益を上げる方法になります。

売却のような大きな額を手に入れることはできませんが、毎月定期的に収入があるという大きなメリットがあるわけです。

昨今、意外とこのような形を取る場合も多く、こちらも人気の不動産の扱い方となっているのです。

■メリット・デメリットを把握して比較をすること

ともあれ、賃貸で利用するときは、必ずメリットとデメリットをしっかりと把握して道筋を決めていくことを強くお勧めします。

不動産業者としては、利益を上げたいため、あの手この手で「いいことだけ」を伝えて賃貸をさせようとする場合もあります。

このような言葉にも惑わされないためにも、しっかりと把握して比較に臨みたいところですね。